アロエベラ 鉢植え【九州・古代農法】健康・美容に! アロエベラ 鉢植え 2鉢セット育て方付き!

価格:¥2480- カードOK 送料別 税込み


■商品コード:hyakka-j:10000712
名称 アロエベラ 鉢植え 薬用植物のアロエベラ生葉を健康維持のために食べましょう。 ジュース・薄切りにして刺身に・サラダ・天ぷら等!  原材料 アロエベラ 鉢植え  生産者 ライフカンパニー (宮崎県日南市) 発送に ついて  この商品は、産地直送商品となりますので、古代農法以外の商品との同梱はできませんのでご了承ください。 古代農法の商品とは、同梱出来ます。 発送方法  この商品は、佐川急便 通常便での 発送となります。 返品 キャンセル について この商品は、お取り寄せ商品となりますのでご注文確定後のキャンセルは、できませんのでご了承ください。 万が一 お届けした商品に不備がございました場合には、お届け後2日以内に当店までご連絡ください。当店の規定に沿って対応させていただきます。 アロエってどんな植物? アロエは、園芸専門店でも普通に販売されていて、現在ではその名を知らない人はいないほど有名な植物となっています。 観葉植物として自宅で栽培している人も多く、そうした人たちでも、アロエは健康維持によいことは知っています。植物でこれほど身近に存在し、愛されているものは珍しいのではないでしょうか。 しかし、健康作りによい植物であることは知っていても、具体的にどのように利用したらよいかは、あまり知られていないようです。 アロエの故郷はアフリカ まず、アロエはどんな植物なのかを紹介します。アロエはユリ科アロエ属の常緑多年草で、原産地は主にアフリカ。その種類は多く、350とも500ともいわれています。なぜこんなに種類が多いかというと、アロエは、本来温帯地方の植物であるにもかかわらず、生命力が強く、どんな環境にも形態を変えながら適応していったからにほかなりません。 日本でもっとも知られているアロエは、「医者いらず」の愛称で親しまれてきた、葉の細いキダチアロエです。 最近になってアメリカ産のアロエベラがジュースやクリームなどに混じった形で市販され、注目されるようになってきています。アロエベラは肉厚で葉の幅が広く、キダチアロエと比べても遜色がないほどの有効成分を含んでいるために、その利用価値は広いものがあります。 アロエへの期待 欧米でアロエといえば、主にアロエベラのことをいいますが、日本でアロエといえば日本特産のキダチアロエを連想します。 そのキダチアロエでされ、普通に園芸専門店で売っている葉肉が厚く12月頃に朱色で紡錐状の花房をつけるもののほかに、葉肉の薄い種類、花が小さく遅咲きする種類、斑が入っていて観賞用に適している種類などさまざまなものがあります。これらは細かく分類されることもなく、一様にキダチアロエと呼ばれていますが、今後アロエの分類の研究が進んでいけば、系統ごとに整理・分類されるでしょう。現在のところ薬用植物としてのアロエは、アロエ全体の種類数からすると少ないですが、アフリカの原住民は、大昔からアロエを薬用に用いていた事実はわかっていますので、今後の研究によって飛躍的に増加すると思われます。 アロエは医学的にも、植物学的にも、未知の分野が広がる楽しみな存在です。 アロエのルーツ 一般にアロエは、アフリカ原産の植物といわれています。現在につえられているアロエに関するもっとも古い記録は、ピラミッドのミーラの膝の間に置かれていた古代エジプトの医学書「エーベルス・パピルス」に見られます。 この中にはアロエを使った数々の処方が記されています。この本が書かれたのは、紀元前1550年と言われていますので、今から約3500年前にはすでにアロエが薬用植物として利用されていて、庶民の間ではそれ以前から愛用されていたと推測できます。 その後、おそらくマケドニア大帝国によってアロエはヨーロッパに広まっていくことになります。 紀元前一世紀には、ローマ皇帝ネロの待医ディオスコリディスが「ギリシャ本草」を著して、さまざまな病気に対するアロエの具体的な処方をあげ、アロエが万能薬であることが記されています。また、アロエは「新約聖書」にも登場します。 キリストを埋葬するとき、ヤブニンジンとアロエを混ぜたものを塗ったという記述「ヨハネ伝」があります。   キダチアロエとアロエベラ アロエの語源は、アラビア語のal-loehで、「苦い」という意味の言葉です。確かに、アロエを口に含んだ瞬間まず感じるのは独特の苦味です。 「アロエのルーツ」 のページにもあるように、中国ではロエと呼ばれていましたが、日本では、明治4年の和譯英辞林に「ろくわい」の名として記載されています。 私たち日本人は、アロエのなかでも、昔からキダチアロエを愛用してきました。その名前の由来は、Aloe arbor-escensという学術名の直訳で、「小高い木のようになるアロエ」からきています。 今でこそキダチアロエは日本特産品のようになっていますが、原産地はアフリカです。 日本に上陸するまでの長い歴史のなかで進化し、日本に入ってきてからも、ある程度の寒さや湿気に耐えられるような種に変化を遂げながら、日本の風土にもっとも合ったアロエになったのです。 一方アロエベラは、現在の主産地はアメリカの乾燥地帯ですが、もともとは西インド諸島のバルバドス島に自生していたアロエで、旧名はアロエ・バルバデンシスといいます。現在はアロエベラと呼ばれ、少し寒さに弱い特徴があります 2つのアロエの相違点 キダチアロエとアロエベラが似ているといっても、当然違う特徴もあります。 まず見た目の違いです。キダチアロエは葉が細く厚さもたいしてないのに対して、アロエベラは大きく葉肉が厚いという特徴をもっています。これはゼリー部分の発達の違いによるもので、アロエベラの方が多糖体が圧倒的に多いことを物語っています。 また食べてわかる違いは、苦味です。キダチアロエはかなり苦味がありますが、アロエベラはさほどでもありません。これは、苦味成分アロイン(バルバロイン)がキダチアロエの方が多いことを証明しています。


レビュー平均:5.0
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
アクセスカウンター